コアードリリング工法

ダイヤモンドチップを円筒の先端に取り付け、円筒を高速回転させながら、ビル・橋・二次製品等のコンクリート構造物・道路を穿孔します。また、コンクリートの強度分析用テストピースの採取やアンカーボルト用の孔開け、厚い壁の一部を除去する場合のラインカットなどにも、この工法を使用します。ブレーカーによるハツリなどの従来工法と比較して穿孔精度にすぐれ騒音・振動・粉塵が少ない工法です。

施工の流れ

  1. 事前打ち合わせ
  2. 被穿孔物の穿孔予定面にアンカー孔を設けて機械を固定します。
  3. 機械にビット・水処理パットを装着します
  4. 切削粉の排出及びビットの冷却のため、清水を毎分0.5~3l供給しながら穿孔します。
  5. 穿孔作業で発生した切削汚水、コアを回収します。
  6. 機械の取外し・後片付け

※現場条件によってはドライ工法も可能です。

コアードリリング工法の特徴

  • 鉄筋に当たっても簡単に切削するため、短時間で穿孔可能です。
  • 穿孔面に凹凸が発生しないので、補修の必要がありません。
  • ハツリでは困難な大口径穿孔(500Φ当社)や高深穿孔が可能です。

エンジン式コアーボーリングマシン(当社オリジナル)

  • アンカー不要
  • 高馬力のため、施工時間大幅短縮
  • バーキューム装置装備につき水洗い不要