工法一覧

コンクリートカッター工法

舗装道路の修繕や上下水道・電気・ガス・通信共同溝などの埋設工事及び地下鉄工事など初期工事として、舗装を切断します。また、高速道路や空港滑走路でのスリップ止め(グルービング)や融雪排水溝切り工事も行います。道路以外でも、工場・倉庫・ショッピングセンター・駐車場などの新設コンクリート床面にひび割れ防止のため目地カッターを施工しています。 こうしたコンクリートカッター工法には、主にウエット(湿式方法)とドライ(乾式工法)があります。 ブレーカーによるハツリなどの従来工法と比較して切断精度に優れ、騒音・振動・粉塵が抑止できる工法です。

コアードリリング工法

ダイヤモンドチップを円筒の先端に取り付け、円筒を高速回転させながら、ビル・橋・二次製品等のコンクリート構造物・道路を穿孔します。また、コンクリートの強度分析用テストピースの採取やアンカーボルト用の孔開け、厚い壁の一部を除去する場合のラインカットなどにも、この工法を使用します。ブレーカーによるハツリなどの従来工法と比較して穿孔精度にすぐれ騒音・振動・粉塵が少ない工法です。

ワイヤーソーイング工法

スチールワイヤーに切削用ダイヤモンドビーズを数珠状に通して、一定の間隔に固着したものを対象物にまきつけて、高速で回転させ切断します。大規模な改修解体工事に適した工法で、橋梁、地下鉄など、切断物の形状に制約される事なく無振動、低騒音で大断面のコンクリート構造物を切断出来ます。

ウォールソーイング工法

フラットソーイング工法が使用できない壁や斜面など、増改築などに適した工法です。電動式と油圧式があり、規定のサイズどおりきれいな切断面を作れます。 被切断物の予定切断線に沿ってレールを設置し、ダイヤモンドブレードで被切断物を切断します。フラットソーイング工法が使用できない壁や斜面など、切断精度が要求される工事に適しています。ハツリ工事と比較して、切断面の凹凸がなくきれいで、騒音、振動、粉塵が非常に少ない工法です。電動式と油圧式があり、排気ガスが発生しません。

W2R工法

既設側溝の不要部分を専用カッター「W2Rカッター」によって側溝内側より切断した後に、プレキャスト製の蓋を設置し側溝をリニューアルする工法です。

目地注入・シール工事

アスファルト舗装の隙間・継ぎ目の部分や、収縮によって発生したひび割れ(クラック)に瀝青材料やゴム樹脂を加熱注入する工事です。又、コンクリート新設舗装のクラック防止目地にも注入する工事です。

型押景観工法

新設・既設を問わず、外構や壁面等のコンクリートにパターンを型押し、天然石やレンガの風合いを再現する工法です。段差も少なく、すべりにくく、手入れも簡単です。

ページの先頭へ戻る