コンクリートカッター工法

ウェット工法ドライ工法

舗装道路の修繕や上下水道・電気・ガス・通信共同溝などの埋設工事及び地下鉄工事など初期工事として、舗装を切断します。また、高速道路や空港滑走路でのスリップ止め(グルービング)や融雪排水溝切り工事も行います。道路以外でも、工場・倉庫・ショッピングセンター・駐車場などの新設コンクリート床面にひび割れ防止のため目地カッターを施工しています。 こうしたコンクリートカッター工法には、主にウエット(湿式方法)とドライ(乾式工法)があります。
ブレーカーによるハツリなどの従来工法と比較して切断精度に優れ、騒音・振動・粉塵が抑止できる工法です。

施工の流れ(垂直切断・ウェット工法の場合)

  1. 事前打ち合わせ
  2. 工事発注者の指示した基準点を基に画線器で切断線を舗装面に作図します。
  3. 舗装版厚床版厚を確認の上、ブレード、ブレードカバーをとりつけます。
    舗装厚が厚い場合は、切断深度10cm単位にブレードの径を大きいものに変更して、複数回切断作業をくりかえします(ステップアップ工法)。
  4. 切削粉の材料及びブレードの冷却のため、清水をブレード切断面に毎分6~8l供給します。
  5. ブレードを高速回転させながら切断します。
  6. 切断汚れは切断機に装着されたバキューム装置で自動回収します。
  7. 後かたづけ

ウェット(湿式)工法

湿式工法は比較的経済的に施行できるため、現在、最も多く用いられる工法です(最大切断深長80cm)。一方で切断時に発生する熱を冷却するため、多量の水を使用することから様々な問題が発生します。 そのうち昨今注目されているのが汚水の処理方法です。

当社の汚水処理方法についてはこちらへ

ドライ(乾式)工法

ドライ工法は、汚水を発生させてはいけない特殊現場(工場内等)や新設コンクリート目地切断のために当社関連会社の(株)カサノ工業にて開発した工法です。
冷却水を使わずアッパーカット方式とし、切削粉を回収する大型バキューム装置を装着したロードカッターにて施工するものです。
収集した切削粉は建設資材として再資源化が可能となるため、環境的には理想的な工法です。
ただし、問題点として工事費が高価であること、また技術的問題として、深長が大きい舗装版は切断できない点があります。
現在、これらの問題を解決すべく、(株)カサノ工業にて研究・開発しております。

ウェットとドライ施工の比較

 ウェット施工の場合ドライ施工の場合
切断深長 アスファルト 80cm
コンクリート 80cm
アスファルト 30cm
コンクリート 20cm
施工時
  • 切断箇所毎に車両(水タンク)の移動が必要
  • 切断時の汚水の処理費用がかかる
  • 施工終了後の水洗いが必要
  • 車の移動不要
  • 切粉処理(袋回収)費用が安価である
  • 施工終了後の水洗い不要(施工時間の短縮)
環境面 汚水処理方法の事前取り決め、準備物が雑多で作業場所を取る 事前処理方法確認不要。作業域が狭くても良い。

融雪水処理溝切削

 融雪水の路面への全面流出を防ぎ、またその凍結防止のために舗装表面部に一回の切削工法で広幅の溝(V型かU型)を形成施工することにより、形成面もすべて滑らかな切削面となり、表層面を傷めることがなく、溝の排水性の向上が図ることが出来る工法です。

 刃具はダイヤモンドのドラムホイール式を使用し、カッターは高出力エンジン式を用いて舗装表面部に所定のサイズの溝(V型またはU型)を施工します。刃具は、当社にて、特許を取得しております。(特許第3081000号・特許第2965707号)

 融雪水処理溝U型の利点融雪水処理溝V型の利点
ブレードの写真 # #
断面図写真 # #
有効切削断面図 # #
特徴
  1. バインダーの露出が多いのでサーフェイスと剥離する可能性が多い。
  2. 年月が経過すると上部が内側に倒れ込みやすい。
  3. 風・雨によって物が詰まりやすい
  4. メンテナンスに難点がある
  5. 汚水処理方法の事前取り決め、準備物が雑多で作業場所を取る
  1. バインダーがほとんど露出しない。
  2. 年月が経過しても形状が変化しにくい。
  3. つまりにくい。
  4. メンテナンスが容易である。
  5. 事前処理方法確認不要。作業域が狭くても良い。

段切りくん<縁石撤去のためのカッター切断>

淵石撤去作業は、従来作業台を設置し、台上作業にて施工していました。
当社(株)カサノ工業にて、段切りくんを開発しました。

 従来工法段切りくん
作業台 必要 不要
作業台の移動 必要 不要(作業効率アップ)
作業台上の危険 転落の可能性大 台を必要としないため、作業台に上ることによる危険がありません。

景観工法カッター切断

特殊舗装に、ドライカッターで目地を入れ、石畳み調に仕上ります。全国各地で、施工中です。

特徴

目地を入れる事により、より表情のある石畳調になります。

景観工法カッター切断